忍者ブログ
  • 2017.09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.11
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/10/20 07:01 】 |
ホームページ作成米販売 キリンビール仙台工場、見学再開
笑顔と絆の「生産拠点」

 8カ月ぶりに出荷を再開したキリンビール仙台工場(仙台市宮城野区)に、市民の笑顔が戻ってきた。製造工程を見せる工場見学も同時に再開したのだ。工場は、地域を代表する生産拠点であり、雇用の受け皿でもあり、そして何より、市民との間をつなぐ交流センターだ。震災の被害をともに乗り越えた地域の人々と仙台工場は、地元との絆と笑顔の生産拠点でもある。(高橋寛次)

 11月2日、仙台工場は活気が満ちていた。集まった工場内外の関係者の目には、久しぶりにビールを届けに向かうトラックが待機する光景がまぶしい。初出荷式で、従業員はトラックの出発を笑顔と拍手で見送った。

 喜びの輪は翌日、一般に広がった。無料の工場見学、「ブルワリーツアー」が再開された。午前9時、ガイドをつとめる女性スタッフが集合し、初回の見学者を迎えた。

 横田乃里也工場長が「見学は工場の機能として非常に重要。皆さんをお迎えできて光栄です」とあいさつした。司会者は感極まって言葉を詰まらせた。

 ◆見て理解して味わう

 再開した見学ツアーは、以前のように見て、理解して、味わえる仕掛けを網羅している。試飲も含め全行程で約60分だ。

 麦汁を煮沸するための釜などの製造設備や、ビールが充填(じゅうてん)されたばかりの缶が流れていくラインなどを見ることができる。ビールの原料であるホップをさわったり、クイズなどを楽しむ機会もある。ガイドの佐々木薫さんは「一方的な説明ではなく、声を掛け合うコミュニケーションになるようにしています」と話す。試飲は3杯までで、現在は出荷を再開したばかりの「一番搾り とれたてホップ」も飲める。

 見学ツアーは再開直後から盛況だ。11月だけですでに4千人の予約が入っているという。見学ツアーの再開は、工場のホームページで告知していたぐらい。積極的にPRをしてきたわけではない。

 仙台市内から見学に訪れた荒川保洋さん(42)は「いつ見学が再開されるのか、ずいぶん前からインターネットでチェックしていた」と振り返る。大阪市の吉田吉伸さん(47)は、「キリンの他の工場はすべて見学済み。今回、満を持してやってきた」と言う。

 ◆4基のタンクが倒壊

 仙台工場の小倉保彦総務担当部長は「工場見学再開を『待っていました』といわれるのが本当にうれしい」という。多くのファンにとって、待望の工場見学再開だったようだ。

 受け入れ態勢の専門性を高める取り組みも進んでいる。以前は各工場の広報部門が担当していたが、平成11年以降は、グループのキリンアンドコミュニケーションズ(東京)の担当に変わった。同社の丸山千種社長は「お客さまとしっかり、直接、コミュニケーションをとるため、一元化して専門性を高めた」と説明する。仙台に限らず、9つあるキリンのすべての工場などで見学を運営している。

 仙台工場では震災で、400トンのビールを貯蔵できるタンクが4基倒壊した。津波では缶だけで1700万本が敷地の内外に散乱した。社員、従業員、有志が日々敷地内を片付け、清掃し、復旧に取り組んだ。見学コースは、その努力の作品でもある。

 丸山社長は「皆さまに見学に来ていただけることは、決して当たり前のことではないということをスタッフが実感した。応対できるありがたみを案内や説明でお返ししたい」と話す。

ホームページ作成株式会社杉山システム
PR
【2011/11/22 01:16 】 | ホームページ作成米販売 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<ホームページ作成米販売 | ホーム | ホームページ作成米販売 教育費の平均は年収の37.7%、57.5%の層も…日本政策金融公庫>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>